ケータイ小説 野いちご

龍と虎に愛されて。


「でも、俺だってバレてねぇし、大丈夫だろ?」


「龍心だってバレてはいないけど、キモイガリ勉男に一方的にやられて、奴らプライドズタズタっぽいよ?」


「そんなの知るか。悪いのはあいつらだし、俺は何も悪くない」


「そりゃそうかもしんないけどさぁ。あいつら、報復しにいくかもよ?」


「……ハァ?なんだよそれ、めんどくせぇな」


喧嘩をするとやっぱりロクな事がない。


でも、今までの学校生活の鬱憤を解消できて、それなりに有意義な時間だったのは間違いない。


「わざわざヅラ被って学校行ってたのに、お前の努力無駄になるんじゃね?」


クックックッと喉を鳴らして楽しそうに笑うシンジ。


俺はシンジを横目でにらみ付けた。

< 72/ 478 >