ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

初恋は君のために




俺らが家族になったのは

奇跡に近い運命でもあり



俺の心を縛り付けるものでもあった。




俺は何よりもお前が
大事たと思った




この思いをお前に言う日はくんだろうか…



ミナミ.....




俺はお前を傷付ける奴だけは許せない。









< 182/ 303 >