ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

in the クローゼット

 水谷先生が教壇に立ち、連絡事項を述べたりプリントを配ったりして、そろそろホームルームも終わるかというその時、水谷先生がこっちに目を向けた。


「三笠」


 隣の席の、三笠が前に呼ばれる。

 立ち上がり教壇に向かって机の間を歩いて行く三笠に、何事かと教室が少しざわつく。


 いったい、三笠舞がどうしたというのだろう。

< 118/ 393 >