ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

年下ダーリン

「でも、付き合うのはなぁ~」






「えっ!!今の流れは付き合う流れでしょ!!??」







「えぇ~、違うよ~。確かに翔には感謝してるけどさ、まだねぇ~」







ちょっとくらいからかってもいいよね。翔は案の定、口をとがらせて、チッと言っていた。でも、すぐ私を見上げて言った。







「いや、いいや。ゆっくり行こう。最後にりんが付き合うって言ってくれればいいんんだもん。急がないよ」







「ホントかぁ~??大人ぶっちゃって」







私が翔の頬をツンッとすると、翔の頭は軽く横へ傾いた。






「りん、好きだよ」





「信じてね」







翔のまっすぐな目、そらさず見れたのは今日が初めて。その目を見てたら、信じられる。翔はいつだって嘘は言わないんだね。だから、私も今日は素直になってみようかな。可愛く…なってみようかな。







「うん」





私はとびっきりの笑顔でそう頷いてみせた。冬の寒さのは耐えられないけど、この手の温かさが幸せだった。











そう、思ったのは私だけ??









……翔もそうだといいな。

< 45/ 362 >