ケータイ小説 野いちご

優しい悪魔−マキコと和夫−


「どうしたの? 和夫。」

そう言いながらマキコは、ケータイを返すと、そっとコップを取り戻した。

トイレにいき、中味を流す。
ホッとして気がゆるみ、涙が出てきた。

(人は天使にも、悪魔にもなれないんだな……。)

一時、悪魔になっても、我に返った時に自分がした事に傷つき、苦しむ。

悪魔になっても、ブレーキをかけないと。
それが、自分のためなんだ。

マキコは、そう自分に言い聞かせた。



< 41/ 78 >