ケータイ小説 野いちご

旦那様は社長


満面の笑みと共に会長が突きつけた条件。


それはとんでもないモノだった。


「私ももうトシだ。早く曾孫の顔が見たい」


「ひ、曾孫?」


「悠河が有栖川グループを継承する条件として、……光姫さん?」


「は、はいッ」


「光姫さんが今年中に私の曾孫を身ごもること。それが条件だ」


頭が真っ白になった。


ヒマゴヲミゴモル?

曾孫を身ごもる?


今年中に?




< 331/ 334 >