ケータイ小説 野いちご

旦那様は社長







「ねぇ……」

「何だ」

「何でこんなコトに?」

「知らねーよ。あの爺さんに聞け」


「あなたの爺さんでしょうが!?」


「バカ!!」


あ……。

今頃になって、失態に気付く。


「光姫様、何か不都合でもございましたか?」


「いえ、続けて下さい」


あたしは何でもないように、ニッコリ微笑み返した。


……やってしまった。


「えー、では続きまして、新郎ご友人でいらっしゃいます……」


司会の人がどんどん宴を進行させていく。


そう……。

なんと今、あたしと社長の結婚披露宴真っ最中なのだ。


会長から呼び出しがあった昨日ーー……



< 323/ 334 >