ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。



覆い被さったままの状態で、拓海は離そうとしない。


無機質なブラウンの瞳が、ジッと私を見据えている。




「…っ、キライ・・・」


だから、必死に開口して紡ぎ出したの。


まるで連鎖反応のように、ツーと涙が頬を伝っていく。


その一筋を皮切りとなって大粒になり、私の視界は歪み始めた。




「それは、どういう意味?」


「っ・・・っ・・・」


尋ねられようとも、意味なんてある訳ナイ。


吐き出した言葉に乗せたのは、貴方の幸せを願うコトだけで。


拓海をキライと言う日が、来るとは思わなかったよ。



これでもう…、スキだと口には出来ナイ――



「っ・・・」

零れていく涙さえ、拭うコトが叶わずに流れていく。


キスが出来そうなほど、至近キョリで対峙していても。


陽炎と同じくして、拓海の姿が揺らいでいくなんて・・・




「キライ…なの・・・

わ…、たしはっ、拓海が――」


ギュッと固く眼を瞑ると、たどたどしくも叫んだ私。



本当はね…、もの凄く怖くて、先手を打ってしまったの。


唯一無二の貴方に、キライと言われるコトが――







< 171/ 266 >