ケータイ小説 野いちご

続きは、社長室で。



ギュッと引き寄せられて、互いの心音が共鳴していく・・・



「っ…、たく・・み――」

「なに…?」


名前を呼ぶコトさえ、愛しくて仕方がなくて。


温かい胸板へと、このまま縋ってしまいたい――



「っ・・・」

視界を揺らすように、ジワリと沸き出始めた涙。



貴方を愛しているのに、別離など望むワケがナイ。


人として相容れない後藤社長と、結婚したくナイ。


出来ればずっと…、貴方の傍にいたいの。




「ごめん・・・ね・・」


「…え――?」


頭上から聞こえた探るような声が、涙をまた誘う。


心をググッと、引き寄せられるけれど・・・



「…け、結婚…、します・・・」


どんなに欲しても、所詮は独り善がりだもの。



「…っ、ごめんなさい…」


各々(おのおの)の道が、既に示された中で。


曝け出すコトも、伝えるコトも出来ないよ――




「ダメだ…、俺の気持ちはどうなる?」


「ッ――」


腕の中からすり抜けようとした時、再びグッと引き寄せられた・・・





< 169/ 266 >