ケータイ小説 野いちご

続きは、社長室で。



否定されて、蔑まれて、罵倒されて。


そうして貴方の許から、去るハズだった。



社長には婚約者がいて、私には後藤社長がいる。



未来を壊さない為の、応命なのに・・・




「っく…、うぅっ・・・」


秘書の体裁も失った私は、地面にペタンと腰を下ろした。



自分のキモチにも、“今”というトキでさえも。


すべてに靄(もや)が掛かって、何も見えないよ・・・




「ハァ・・・」


頭上から聞こえるのは、冷たい溜め息で。


それは過去を奪えるほど、威力があるモノだ。




「蘭、もう一度言うぞ?

顔を上げろ・・・」



「っ…、や・・です・・っ・・」


清涼なトーンの声に、頭を振って抗ってしまう。



“現実”を、受け入れ難かったからなのに――




「そうか――」

「っ――!」


顔を覆ったままでは、表情など読み取れない。



その一言の次は、何を齎されるの・・・?






< 149/ 266 >