ケータイ小説 野いちご

続きは、社長室で。



一点に向けられる視線で、さらに追い詰められる。


未だに躊躇している私を、後ろから急かすようで。



ううん…、それ以上に苦しいのは・・・



艶めく大理石テーブルに置かれた、神々しく輝くモノ。



ベロア生地の上で輝きを放つ、それらの煌きなの――




「っ・・・」


コレの意味なんて、分かりきっている。



心が断固拒否しているのか、小刻みに手が震えて。


気づかれないよう、誰とも視線を交えずにいると・・・




「本来なら、先に用意しておくべきで・・・

俺としては、何事も“蘭の意見”を尊重したいけど。

どうしても、今日中に購入しておきたいんだ」


談笑していた後藤社長が、私にそう言ってきた。




「蘭、これはどうかな?

華奢だけど、カラットも大きいし」


「…っ、そ、そうですね・・・」


品定めをするように、ソレらを手にすると。


高貴な輝きとともに、さらにプレッシャーを掛けてくる。




別離を告げる社長への、見せしめであって・・・



私たちを引き裂く、金剛石でしかナイのに――








< 113/ 266 >