ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。



ずっと、ずっと・・・



苦しむだけでは、取るに足りなかった?




そんな私を嘲笑うだけでは、物足りなかった?






だから・・・・



婚約者という、最後の砦を隠していたの?




一番惨い仕打ちを、用意していたの――?






ねぇ…、拓海・・・・



乞うことはダメだと、分かっているけれど。




でもね…、もう耐えられないよ――



こんな、疑心暗鬼の状態なんて・・・






「…っく・・うぅ・・」


静かな空間に、空しい泣き声が響いていた。





これらを、止める術も。



自分の居場所も、見つけられずに・・・








< 80/ 266 >