ケータイ小説 野いちご

“俺様”大家の王国




まだ、学校から帰って来ないのだろうか。

それでも、打ち合わせや手続きがあるから、

この日だけは空けておけと命じたのにも関わらず、

夜になっても奈央の姿は無かった。
 

――家出だ。
 

義子は直感した。

両親の話から、奈央は夜遅くまで遊び歩くような娘でない事は分かっていた。

だから、その奈央が帰らないのは、余程のことだ。

事件にだって、巻き込まれているかもしれない。
 
心配だった。

だから、両親達に奈央の居場所を尋ねたのだ。

あの子はどこ? どうして帰ってこないのよ、と。




< 131/ 534 >