ケータイ小説 野いちご




時計を見ると5時を指していた



テレビから
「おはようございます」と聞こえたので
今日は本当に朝のようだ



僕はキッチンに向かって
ヤカンを火にかけた



お湯が沸くまでの間
昨日の続きを思い出す事にしよう




そうだ。



僕たちは電車に揺られていた


ゆっくりと走る電車が進む度に
空はどんどんと暗くなり
乗客もひとりふたり消えていった



「なあ。この世界で一番大切なものが何か知ってるか?」

タケシはじっと窓の外を見つめる


「わかんないすね。愛とか?」


「あはは。そうじゃないんだ。
一番大切なものは金でも愛でもない」


「……?」







「それはな。色気だよ。」




< 7/ 17 >