ケータイ小説 野いちご




電車を待っていると空は暗くなった


「……ほんとにいいのか?」


「なにがっすか?」


「いや、お前はそうゆう奴だもんな」





僕たちは少しの間黙り込んだ






「ほれ。」


「なんすか?」


「とりあえず景気づけだな。」


手元を見ると
タバコを差し出していた


「そうすね。」



僕はそれを手にとって火をつけ
ゆっくりと吸いこんだ



タバコを吸ったの初めてだったが
むせる事はなかった。






そこまで思い出すと
時計は12時を指していた





あの日のタバコの味を思い出しながら
ゆっくりと深呼吸した



僕はふとんにくるまり目を閉じる
夏のくせにここはやけに寒いんだ



< 5/ 17 >