ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。



余韻の冷めやらぬ、虚しい身体を起こすと。


勝手知ったる、バスルームへと向かった。




湯煙と水滴が残る、シャワールーム。



さっきまで、拓海が使っていたシルシ・・・



無駄な感情だと分かりつつ、ドキリと高ぶる鼓動。





拓海との愛などナイ、行為も。


振り切るどころか、募っていく想いも。



このシャワーが、全て流してくれればいいのにね――?





「・・っ、うぅ・・」

シャワーを全開にして、溢れるモノを誤魔化した。






幼馴染みなんて・・・


いかに脆くて、遠い存在なのか――




一生切れるコトなどナイと、思っていたのに。



一番近い存在なのだと、思っていたのに。




まさに、諸刃の剣・・・




私たちの十数年は、雪崩のように崩れ去ったのだから。









< 52/ 266 >