ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。



“アイシテル・・・”

感情なんて、篭っていない言葉。




彼を悦ばせた“カラダ”に対しての、賞賛だから。


拓海にとっては、挨拶と同等だもの。





契約がある限り、囁き続けられるコトバ・・・




彼にとっては何気ない、たった一言が。



どれほど私を、苦しめているのかも知らないで。






だけど、それでも正気を保てているのは。



彼から発せられる、すべてのモノが。




もう何も、信じることが出来ないから・・・





今さら信じようが、バカを見る羽目になる。



佐々木家を蔑んでいたのは、他ならぬ拓海で。





こんなにも歪んでしまった、私たちの関係は。



身体と契約だけの繋がりに、成り下がってしまった。




もう一生…、戻るコトも、交わるコトもナイ――







< 50/ 266 >