ケータイ小説 野いちご



そうして彼女は生徒として認められた。


「あいつ、骨があるよ。やる気のない大学生なんかよりずっと」

彼が智江に生徒の話をするのは初めてだった。


彼女のことは智江に何度か話していた。

彼女は家族を失い、
自分を父親の様に頼られている、と嬉しそうに話していた。


この頃は、
可愛い教え子として見ていると信じていた。

実際、そうだったのだろう。



―それから3年後、
様子が変わっていった。







< 12/ 42 >