ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

砂嵐のいたずら




『さ、さぁ…どうしてだろう…?』



笑顔がひきつっているし…



「ねぇ、まだ何か隠してるでしょ?」




『いや…何も…』



視線が泳いでいること事体がますますもって怪しい…




「早く本当のことを言って、楽になった方がいいんじゃないの?」



じわじわとチャールズを追い詰めていく、



うーん、なかなか快感!!!



ドサッ!



あれ?



何でチャールズ、私を押し倒してるのよ〜?



『マナだって、隠してることあるだろう?』



ドキッ!



「な、ないもん!」



『言わなきゃ、襲う…』



「ないってば!」



『じゃ、いっただっきま〜す!!!』



「ぎゃあああああ!!!言う!言うってば!」



まだまだふたりには秘密があるようです…。



             End 




< 137/ 137 >