ケータイ小説 野いちご



* * * *






 
『よし兄、よし兄』







そう呼ばれて目を開けた。




施設の子ども達と、あの少女が俺を覗き込んでいる。




気を失って運ばれたようだった。






指を見た。





血がこびりついた、ペリドットの指輪がそこにあった。







『文子先生ね、最期に私にこれを渡して、声を絞りだして言ったの。


「嘉人、生きて、また誰かを愛して‥。」』






血が、グリーンの光を覆い隠していた。








周りを見渡した。






何も知らない赤ん坊。



神妙な顔つきのワカマツと

そのそばであざをつくった少年。




シミだらけのカーペット。




古びたタンス。




ひび割れたガラスの窓。







いつもの施設の風景。










この世界に文子はいない。





文子はいない。






いない。
















まぶしすぎる光を失った。


全ての色が、消えた。






深呼吸。









窓の外の蝉の音が、部屋中に響いている。





高瀬嘉人18歳。




暑い暑い、夏の日だった———・・












< 122/ 245 >