ケータイ小説 野いちご



窓からさしこむ強い光で目が覚める。






『‥‥‥ふぁ‥‥。』






自由な方向へはねた髪をいじりながら、汗ばんだシャツを脱ぎ捨てる。







(‥‥もう7月か。)




隣の棚の引き出しに目をやる。

開けると、小さな箱が現れる。




赤い指輪ケース。





目を閉じれば蘇る、

あの夏の記憶。




< 69/ 245 >