ケータイ小説 野いちご

両手いっぱいのときめきを


「ケンカ、したの?」

柚巳がハンバーグを飲み込んで聞く。

「んーケンカ、どうなんだろうね……」

「ケンカしたら、どっちも『ごめんなさい』って言えばいいんだよ」

「柚巳。大きくなったら色々あるの」

どんな事情があるのか全然わからないから、勝手なことは絶対に言ってはいけないのに。

里柚も柚巳も止まらないから、困ってしまう。

今、ふたりのせいで水牧くんに嫌な思いさせちゃってる。

どうにか話題を早く変えなきゃと考えていると、水牧くんの方が口を開いた。

「……俺のお母さんは、俺のこと嫌いだからさ。ごめんなさいしても多分聞いてくれないよ。俺も許すつもりないし」

水牧くんのそのセリフにふたりはぽかんとしている。

「……ごめんね、美味しいもの食べてる時にこんな気分下げる話」

サラッと『美味しいもの』って。

そんなこと言われて、内心喜んでいる自分がいるけど、

水牧くんの話が心に引っかかったまま。

「そんな。柚巳たちが色々聞いちゃうからっ、ほんとごめん」

「まぁ、別に隠すような話じゃないしね。あ、ねぇ、これも食べていいの?」

「あ、うん。昨日の残りだけど」

カボチャの煮付けを水牧くんの方に差し出すと、彼はすぐにそれを口に入れて。

「ん。うっま」

あまりにも嬉しそうな顔でそう言うから、胸の奥がギュッとした。

< 120/ 300 >