ケータイ小説 野いちご

エリート獣医師の海知先生に恋をして

 海知先生がリラックスしているならと、私もリラックスができる。

 それって、いつも海知先生は私にリラックスさせてくれる雰囲気を、さりげなく作ってくれるから。

「深刻なのは最初だけ、すぐに忘れる。かと思えば、ふいに、また過去を思い出して怯える」

 私のことを言い当てる、この人いったいなに者なの。

「終わった過去を怖がるより、先のことを考えた方が建設的なのに」
 空を見上げて、独り言みたい。

「“やけどをした子は火を怖がる”って、英語のことわざがある」
 海知先生の生まれ故郷のことわざかな。

「意味は、一度ひどい目に遭うと、二度と同じ目をくりかえさない。さらには、必要以上に注意深くなって、怖がらなくてもいいものでも避けようとする」

「やけどをした子って」
「そうだよ」
 私か。

「みんながみんな、テンダーやマキオみたいな子ばかりじゃない。さっきの野良猫みたいな子も一定数いる」

「非常識なオーナーや、理不尽なクレイマーもです」
 人間は嘘や欲望にまみれて、汚くて複雑で疲れるよ。

 学生時代は気の合う人と過ごせたけれど、社会人になると、接する人を選べない。

 合わない人とも、なるべく友好的な人間関係を築かないといけない。

 まだ動物から噛まれたり、引っかかれたりする方がマシだよ。

「星川から恐怖心を取り除くために、俺がいるから安心しろ」

 私には海知先生がいてくれるんだよ、元気出さなくちゃ。

 縮こまっている心の芯が伸びた。

 海知先生って、子どものころから見慣れた、いつも仰いでいた空みたい。気持ちが晴れ渡って爽快。

 呼吸を忘れていたっけ? 大きく息を吸うと、気持ちが晴々した。

 海知先生、私に自信をくれてありがとう。

「いつだって曇りのときこそ、太陽と虹を探すんだよ」

 私の表情や返答で理解していることを感じたようで、いつもの太陽のような明るい笑顔を向けてくれる。

「ほら、あそこ」

 海知先生が指さす方を見上げれば、薄曇りの中に太陽の日射しが見えた。

「あと、こことそっち」
 自分の胸を人差し指で触れて、私の胸を指さす。

「俺が指さした先、そこが胸で合ってるんだよな? どこにあるんだか真っ平らで、腹部と区別がつかない」

「もう! 変態」

「成長したら出直せよ、出直せる可能性はゼロに等しいけどな」
「ひ、酷い」

 唖然だよ、びっくりする、言うかな。
 凄すぎて、凄い以外の言葉が見つからなきゃ腹も立ちやしない。

「その顔なんだよ、金魚みたいな口して」

 隣で躍り上がるように膝頭を叩いて、笑い声を上げるから、私の眉間に寄ったしわが一気に吹き飛んで、つられて笑い転げた。

「外に連れ出してくださってありがとうございます、気持ちいいです」

「星川は、そうして笑ってろよ」
 太陽みたいな笑顔と心に、私の満面の笑顔は溶けそう。

「不細工なんだから」
「酷い」
 酷いのを通り越して、笑いが込み上げて吹き出した。

 海知先生といられると、心から嬉しくてたまらない。

< 43/ 212 >