ケータイ小説 野いちご

皇帝陛下、今宵あなたを殺害いたします―復讐するのに溺愛しないでください―




まるで今にも泣き出しそうな空のした。大きな花瓶には鮮やかな花がたっぷりと盛られ、茎の切り口の香りが辺りに漂っていた。

今日の花は、私の大好きなブルースターと、マーガレットとルドベキアだ。

夜の庭園でルイナードと偶然会ってから数日。こうして未だに私のもとにへ艶やかな花が贈られてくる。


「ほんとうに⋯⋯なんなのよ」


あれから幾度となく、あの夜の記憶が頭を駆け巡る。


『俺の想いは⋯⋯昔から何ひとつ変わっていない―――笑いたければ、笑え⋯⋯』


お父さまの事件があって以来。彼の気持ちは全て偽りだと思っていたのに。

淋しげに離れていった温もりを、ただ、ぼう然と見送ることしかできなかった。


これも彼の策略なの?


彼の胸の中で感じた全てが、まだはっきりと身体中に刻みついて離れない。


< 170/ 305 >