ケータイ小説 野いちご

ドライブスルー彼氏

枕元でスマホのアラームが鳴って起き上がると、夜の10時頃だった。


ドライブスルー彼女の開店時間だ。


でもまだ早い。


リビングからはまだテレビの音が聞こえてきていて、両親が寝付くのは11時を過ぎてからだった。


あたしはそっとベッドから起き出して出かける準備を始めたのだった。

< 119/ 159 >