ケータイ小説 野いちご

とある先輩の、歪んだ狂愛。





だから今、こうしてやる事が出来て逆に良かった。

ぐるぐる考えなくて済む。



「……あった」



そこは、プール。

丁度真ん中にぷかぷか浮いている2つの靴を発見。


普通なら今の時期はもう水が引けて簡単に回収出来るはずだが、そこは旧プールだった。

今年から新しいプールが出来て、ここは使われていない方。



「やるしかない、か」



靴なんか貸してくれる友達だっていないわたしは。

ザブザブと濁った緑色のヌメヌメした水の中へ遠慮なく入っていく。


葉っぱや埃が溶けてヘドロのようになった水。

臭い、汚い、気持ち悪い。

またそんな言葉を全校生徒から浴びせられるに違いない。



「やだ、くっさ」


「近寄らないで、匂い移るでしょ」


「私あんなのにバトン渡したくないんだけど!」



テントに向かったわたしへ、案の定といったところ。

この姿でリレーを走るB組代表アンカーの悲惨な姿にチームメイトは舌打ちやら諦めのため息やら。



「最悪。アマネ先輩が見てるって…のに!!」


「ぅ…っ…!」




< 91/ 242 >