ケータイ小説 野いちご

とある先輩の、歪んだ狂愛。





「…ここなら先輩も来ない、はず」



さすがに来ない。

ここまできたらプライドなんか捨てるしかなかった。


───女子トイレ。


今頃クラスメイトは「便所飯」なんて言って笑ってることだ。



「………うそ、…でしょ」



天井から降りかかった水。

バケツいっぱいの量、ポタポタと滴る水滴。



「きゃははははっ!行こっ」



声の主なんか、わざわざ分析しなくたっていい。

みんな敵。
周りはみーんな、敵。


ただ何より、水浸しな自分よりも水浸しのお弁当が可哀想に見えて。


あぁ、本当に可哀想。

すっごくすっごく、かわいそう。



「ねぇ臭くない?」


「やだ~、こっち来ないでよ」



透明では無かった水は、きっとわざわざ泥を混ぜ込んだに違いない。

そこに残飯を入れてぐっちゃぐちゃにかき混ぜて。


そして私へとザバーーン。



「うわっ、汚ねっ!」


「なぁお前罰ゲームであの女とヤれよ」


「ふざけんな物理的に反応しねぇっての!」




< 29/ 242 >