ケータイ小説 野いちご

涙、滴り落ちるまで

ソルはそう言って、手に持ってた小さな手帳を僕に差し出した。僕はその手帳を受け取ると、手帳を開く。

「……若松 綾花(わかまつ あやか)……?」

手帳に書かれている名前を見て、僕は驚いた。ソルの「知ってるの?」という声が聞こえてきて、僕は頷く。

「……もしかしたら、人違いの可能性もあるけど……僕の幼なじみに、同じ名前の子がいたんだ……」

手帳を見つめながらそう言って、僕は顔を上げた。ソルは、僕と目を合わせると「そっか」と優しく微笑む。

「……瑠依は、初めてだったよね。見守りの仕事。説明するから、その手帳を見て」

ソルに言われて、僕は手帳に目を移した。手帳には、彼女の情報が詳しく書かれている。

「その手帳は、対象者の見守りを行う死神にしか見えないようになってる。そして、見守りが終われば情報は全て消えるようになってるんだ……それは、瑠依のだからずっと持ってていいよ」

「分かった」

僕は、手帳をローブの内ポケットにしまった。

「見守りの仕事は、手帳に書かれてる日付まで対象者の近くに居て、近くにいる悪霊を倒すんだ……ずっと側にいる必要はないけど、基本は仕事が終わるまで天国へは帰ってこないかな。天国にいたら、対象者が悪霊に襲われても分からないから」

< 40/ 102 >