ケータイ小説 野いちご

竜王陛下のもふもふお世話係2~陛下の寵愛はとどまるところを知りません~

(竜王妃になるって決めても魔獣係をやらせてもらえるのも、ジェラール陛下のお陰なんだよね)

 魔獣係はどう考えても竜王妃の仕事ではない。けれど、ミレイナが続けたいとお願いすると、ジェラールは可能な限り、続けられるように配慮してくれた。

「ジェラール陛下」
「なんだ?」

 ジェラールはこちらを向くと、柔らかに微笑む。

「私のわがままを聞いてくださり、ありがとうございます。その、魔獣係を続けさせてもらって……」

「構わない。ミレイナは魔獣達の世話をしているとき、表情がいきいきとしている。俺は、ミレイナの笑顔を作るのは自分であり続けたいと言ったはずだ」

 胸の内にじーんと暖かいものが広がるのを感じる。

「では、ジェラール陛下を一番癒やせるのは私であり続けるように努力しますね」
「努力するまでもなく、ミレイナ以外にあり得ない」

(ああ、まただわ)

 ミレイナは思う。
 いつだってそうだ。
 ジェラールはミレイナがほしい言葉を、ほしいときに惜しげなくくれる。

(大好きなこの人のために、頑張ろう)

 ジェラールと一緒なら、どんな困難も乗り越えられる気がした。


< 230/ 244 >