ケータイ小説 野いちご

たくさんの好きをキミに

恥ずかしさのあまり両手で顔を覆い隠す。


「茉莉ちゃん、次は口にさせてね」

「…今してほしい」

「…今するとたぶん止められなくなると思うからだめ」

「……やだ」

「…じゃあ手どけて」

「…無理」

「どけてくれないとできないよ?」

私は手を下ろし、スカートをぎゅっと握りしめ、悠里くんを真っ直ぐ見つめる。


「…ごめん、茉莉ちゃん。俺歯止め利かなくなると思うから苦しくなったら言ってね」

悠里くんはそう言って私の頬を両手で包み込む。


悠里くんの息がかかり、お互いの鼻がくっつくくらいの距離になった時、自分の唇と彼の唇が重なった。


そしてふわりと香るシャンプーの匂いが鼻をくすぐり、ほんのり甘いチョコの味がした。




1日遅れのバレンタイン

-end-


< 15/ 30 >