ケータイ小説 野いちご

ケモ耳旦那様の仮初めの寵愛〜追放令嬢は最恐の悪役陛下に捕まりました〜



「それは、私を……す、好きになってくれたという意味ですか?」


 なんてことを口走っているんだ!

 動揺のあまりとんでもない質問をすると、クールな表情でまばたきをされる。そしてかすかに目を細めた彼は、そっと前屈みになった。

 距離が縮まり、視界に影が落ちる。

 頬に添えられた手が首筋へ流れ、チョーカーの上からじゃれるように噛みつかれた。牙の触れたところから熱が広がり、思考が溶けるほど甘い声が耳に届く。


「あぁ。お前が愛おしい」


 呼吸すら忘れて身動きがとれない。

 硬直する私の頭なで、ベルナルド様はソファを立って部屋を出ていく。

 公務の間をぬって話す時間をとってくれたようだけど、さらっと告白の返事を聞かされて放置される私の身になって?

 手近なクッションを抱きしめて、顔をうずめる。

 ベルナルド様も私を愛しているの?これは、夢じゃない?


『甘噛みは求愛行動だから。気に入っている子には、本能的に噛みつきたくなるもんだよ』


 かつてのレンテオさんのセリフがよみがえる。

 喜びと恥ずかしさで感情が爆発した私は、しばらくクッションから顔があげられなかった。



< 173/ 217 >