ケータイ小説 野いちご

優秀ドクターと溺愛新婚生活〜結婚するなんて聞いてない!〜



そう決めて、爽介さんが帰ってくるのをひたすら待つことにした。


いつ帰ってくるのかも分からないので、テレビを見ながら、寝ないようにたまにストレッチとかもしてみる。


そして、うとうとし始めた頃、玄関のドアが開く音が聞こえた。その音に、ビクッとなり目を覚ます。


ーーよし。



「おかえりなさい」



静かにリビングに入ってきた爽介さんは、私が出迎えるとびっくりした顔をしていた。



「……寝てなかったんだ」



そう言いたくなるのもわかる。

時計を見ると既に夜中の12時を過ぎているから。

普段の私はとっくに寝ている時間だ。



「爽介さん、話があります」


「……」



私の真剣な言葉と雰囲気で、爽介さんは何かを悟ったらしい。

このタイミングだし、この前の事だと分かったのだろう。


軽く終わらせていい話題ではないと思う。

返事を待っていると、はぁーっとため息をついた爽介さんは、覚悟を決めた顔で口を開いた。



「わかった。明日の夜、外に食べに行こう」



< 160/ 183 >