ケータイ小説 野いちご

優秀ドクターと溺愛新婚生活〜結婚するなんて聞いてない!〜



その一言で、さっきの甘い出来事は、寝ぼけていたわけでも、夢だった訳でもない事を確信する。


そして、いたずらっぽく笑った爽介さんは、私と目線を合わせて、さらに爆弾を落とした。



「ということで、今日1日葵をちょうだい?」


「は、えっ?」



ちょうだい......?とはどういう意味だろう。


爽介さんは戸惑っている私を見ながら、さらに楽しそうに言葉を続けた。



「今日はたっぷり甘やかすから覚悟しててね」



< 117/ 183 >