ケータイ小説 野いちご

優秀ドクターと溺愛新婚生活〜結婚するなんて聞いてない!〜



受け取った封筒の中身を覗いてみると、束になった1万円札が大量に出てきて、思わず落としそうになるのを堪える。



「こ、こんなに要りません!」


「そう?一応100万入ってるから、好きな物買っていいよ。もし足りなくなったら言ってね?」



その言葉に目眩がしてきそうだ。


しかも、100万もの大金を現金でポンと渡すなんて、金銭感覚が私とは違う。

好きな物買ってと言われても、買うものなんてないし、貧乏性な私は大金を持っているだけでも怖いのだから。



「5万でも多いくらいなので」



私はそう言って、5万円だけを抜き取って残りを返そうとする。



「でも、何かあった時のために取って置いてよ」



何かあった時って、このセキュリティ万全の場所で、物も揃っているこの場所で何が起こるというのだ。

さっき、今月分と言ったって事は、毎月100万円を渡すつもりなのかもしれない。


今まで、爽介さんがどんな生活をしてきたのか心配になった。


< 81/ 183 >