ケータイ小説 野いちご

優秀ドクターと溺愛新婚生活〜結婚するなんて聞いてない!〜




『お坊ちゃまは、その調べている方に会いたいのですよね?でしたら、向こうから来ていただくのはどうでしょう?』



来てもらうって、相手がどこにいるのかも分からないのに、そんなことができるのか。



『私が考えたのは、年齢など条件を制限した求人や、広告を出して当てはまる人に来ていただきましょう。そして、お坊ちゃまが直接見ていただければその方かどうかわかるので、見つかると思います。

ただ、見込みは極めて薄いのですが......』



その提案に、僕は耳を疑った。


よくそんなことが思いつく。

確かに直接見れば分かるし、求人や広告なら、違う人が来たとしてもこちらから断ることが出来る。


お見合いをさせられるよりも気楽だし、僕は待って居るだけですむのだから、いいかもしれない。

たしかに、見込みは0に近いくらい薄いだろうけれど。



「わかった。橋本に任せる」



やってみる価値はあるはずだ。これで、会えなかったら会えないで諦めよう。


そう思い、僕はあの子に会える日をひたすら待つ事にした。


< 79/ 183 >