ケータイ小説 野いちご

死りとりゲーム2-死り神さまの逆襲-



圭子がいきなり踏み出したんだ。


一気に死り神の懐(ふところ)に踏み込むと___。


「めぇえええええん!」


竹刀を脳天に振り下ろす。


しかし間一髪、死り神がかわした。


竹刀が死り神の肩を直撃するも、倒すまではいかない。


「クソが!」


そこに祐希が、後ろからタックルをして壁に突っ込む。


「祐くん!」


「好き勝手させるかよ!」


そのまま殴りかかろうと拳を振り上げた。


けれど次の瞬間、あっさりと壁に吹き飛ばされる。


「ぐっ、なんて力だよ!化けもんじゃねーか!」


すぐに立ち上がれないくらい、とんでもない力のようだ。


それじゃ、やっぱり人間じゃないの?


「化け物でも倒せるはず!」


圭子が間髪入れず、竹刀を振り下ろす。


当たった!


今度こそ脳天に直撃した__?


いや、あれは…鎌?もうひとう鎌を忍ばせていたの?


死り神は鎌で竹刀を食い止めると、力づくで圭子を押し倒す。


「あぁっ!」


倒れた圭子に馬乗りになり、鎌を振り下ろす。


それを圭子が竹刀で食い止めた!


その時、祐希が叫んだ。


「祐美、殺せ!」


えっ!?


「鎌で殺せ!」



< 86/ 206 >