ケータイ小説 野いちご

可愛い腹黒後輩の溺愛が甘い。

「あ!鈴様〜!!」

 私と同じぐらいの背の可愛い女の子が、鈴くんのお家から出てきた。



< 10/ 339 >