ケータイ小説 野いちご

可愛い腹黒後輩の溺愛が甘い。

「休み時間、くるね」

「うん!」

 ちょっとだけ元気を取り戻して、自分の教室に戻って行った鈴くん。

 よかったぁ……!

 あの顔で、教室に行かれたら心がいたくて仕方がないよぉ……!

「あいかわらずだなぁ。鈴」

 クラスの男の子達がそんな事を話している。

 確かに、鈴くんって、意外と過保護。

 普通だったら、過保護にされる方だとおもうのに……! でも、総長を倒したっていったら、過保護にされるっていうのは、ないと思うと思える……!

 

 その日の休み時間は、毎回鈴くんは来た。


 放課後、鈴くんと手を繋いで帰っていた。


 その時だった。

「うゎぁっ!鈴様ぁ!」

 うぅ……女の子だ……

 思わず、鈴くんの後ろに隠れてしまった。

 ん……?違う学校の子だ……。

「あ?お前ら誰だ。どけよ」

 ヒッ……!

 や、やっぱり、怖い……!

「ひっ……!」

 女の子達も怯えているのか、ひっと声を上げてさっていった。

「先輩?大丈夫?」

 優しい声色……。「う、うん……」

「ごめん。怖がらせちゃって……」

 ああ……!そんな可哀想な顔しないでぇ……!

 胸が痛いよぉ……!

 私は、思わずギュッと抱きしめた。

「!?」

 ビクッとした鈴くん。

「可哀想な顔しないでっ……!」

「ふっ。はーぁい」

 笑いながら、はーぁいと絶対次もやるなとわかる返事をしてきた鈴くん。

< 2/ 339 >