ケータイ小説 野いちご

死りとりゲーム2-死り神さまの逆襲-



【音楽室】


「あった!」


私は【ギター】に飛びついた。


『クリアです!』


これで全員がクリアした。


『おめでとうございます!しりとりゲーム第1回目クリアです!』


「やったー!」


抱き合う愛海と良一。


ガッツポーズの圭子と、渋い顔のままの村井先生。


たかだかしりとりなのに、私もなんだか嬉しくて__。


「やったな」


変わってしまったはずの祐希が、笑顔で私に言った。


「うん!」


私も笑顔を返す。


『それでは3000ポイント差し上げます!次回は【た】から始まります。お疲れ様でした!』


ぷつり。


放送が切れた。


その瞬間、足元がグラリと揺れて__。


「えっ!?」


どうすることもできずに、その場にかがみ込むと次第に教室が霞んでいき…。


気がついたら、机に額をぶつけるところだった。


ふと周りを見ると、クラスメイトが退屈そうに授業を聞いている。


戻ってきたんだ。


離れた席の圭子が肩で大きく息をはいたのが見えた。


愛海にいたっては「ポイントゲット」と、喜んでいる。


不思議なゲームだけど__私もひとつだけ嬉しかった。


祐くんと、少しでも幼なじみに戻れた気がしたから。



< 21/ 206 >