ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

最初は頻繁に会っていたものの、しだいに会えなくなっていった。

そのせいで衝突する時もあったなぁ。

なんだか懐かしい。

そして今現在。

私も大学生になった今、もっとさらに会いづらくなっている。

…スマホもなんだか寂しい。

はぁ…憂鬱だなぁ。

「久々に電話してみたら?」

電話かぁ。

『そうだね。掛けてみる』

パンケーキをたいらげた私たちはそのあと分かれ、家へと帰った。

< 291/ 361 >