ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

コンコン

いきなり部屋のドアがノックされた。

だれだろ…?

『はーい』

ガチャッ

開けると裕也がいた。

「ちょっといい?」

うんと頷き、後をついていく。

_

着いた先は廊下の隅。

今の時間帯は人がいないからかやけに静か。

『…なに?』

< 99/ 361 >