ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

「美紅は?いく?」

うう、こんなの断れない…!

成瀬先輩も行くんだよね?それなら私も行きたい。

『…行きます!』

「よし!じゃあ行こ!」

4人で道を歩く。

前には葵と橘先輩。

後ろには私と成瀬先輩。

前の2人はキャッキャはしゃいでいるけど、私たちは沈黙。

なに話したらいいんだろう…!

話題を考えるも何も見つからない。

どうしよう…。

< 32/ 361 >