ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

「えーっと、あしたは4時半から練習始めるからそれまでに来るように。解散!」

中西先輩の一言で解散する。

「あ、美紅ちゃんと葵ちゃん!あしたみんなより早めに来てね?マネージャーの仕事あるから!」

「分かりました!」

『はい!』

明日もまた頑張ろう。

< 30/ 361 >