ケータイ小説 野いちご

孤独なお姫様

『あ、私からもみんなに渡したい物があるんだった』
紙袋を開け、ある物を取り出す。

『はい。これ』
湊「なんだこれ!?」
『それ、みんなでお揃いのピアノなの』
ピアスは白い龍をモチーフにしたもの。
ワンポイントにそれぞれ違う色のストーンがはめられている。
私は赤で、奏多は銀。類は黒で湊は緑。春樹は青で蓮が金。

春「すご!さっそくつけよ〜っと」
類「…サンキューな」
いいえ。心の中で言う。
湊「どうだー!?似合ってる!?」
奏「似合ってるよ。…よし、つけれた」
蓮「美咲、ありがとな」
みんな喜んでくれてよかった。

『私、みんなの仲間になれてよかった。…これからもよろしくね』

そういうとみんな温かい言葉をかけてくれた。
湊「あったりめえだ!」
春「美咲の居場所はここでしょ?」
類「…ずっと仲間に決まってる」

< 176/ 258 >