ケータイ小説 野いちご

「これからみんなで玉入れしろってこと?」


千春が誰ともなくそう言った。


たぶんそうなんだろう。


「ハチマキ巻けよお前ら、やる気あんのかよ」


娘鬼が罵声を飛ばして来る。


ここは言う通りにしておいた方がよさそうだ。


玉入れなんてしている暇はないけれど、どうしようもない。


俺は赤いハチマキを撒いて、カゴを見上げた。


高さはそれほどじゃない。


ジャンプをすれば入口に手が届くくらいだ。


「2回勝負、1回5分だ」


鬼がそう言うと同時に、広間に体育祭の音楽が流れ始めた。


それはかの有名な天国と地獄だった……。

< 21/ 258 >