ケータイ小説 野いちご

僕にキが訪れる

ただわかるのは、それがどうしようもない病気であるコト。





そしてその病気が今、僕の体の中に巣食っている、というコト。



< 5/ 206 >