ケータイ小説 野いちご

氷点下できみを焦がしたい



「莉緒ちゃん!」



真緒くんに教えてもらった、莉緒ちゃんの通う女子校の校門。

次々と出てくるセーラー服の可愛い女の子たちの中から、一際可愛くて目立っている莉緒ちゃんを見つけた。



「……羽瑠ちゃん」

「お話ししたいことがあります」



わかった、と莉緒ちゃんは近くのベンチに案内してくれた。


2人並んで座って、今度は私が買っておいたココアの缶を渡す。前は莉緒ちゃんがミルクティーを買ってくれた。



「真似しないでよ」


くす、と笑って莉緒ちゃんが缶を受け取ってくれた。



ココアの缶を握って、深呼吸する。
緊張するけど、きっと傷付けてしまうんだろうけれど、それでも言わなきゃだめだ。

傷付けないように逃げることが、優しさじゃないってわかったから。


< 216/ 246 >