ケータイ小説 野いちご

氷点下できみを焦がしたい




「よし!」



あれから色々悩んで、決めたことがある。
私は私の気持ちを大切にしたい。

そう思えたのは、真緒くんのおかげだった。

遊園地に行ってから2週間近くが経っても、永遠くんとは気まずいままだ。



生徒会の仕事も週に数回行っているけれど、永遠くんとは当たり障りのない話しかしない。

今までよりも遠くなってしまった距離感に、いつも胸が苦しくなる。

それを真緒くんは心配そうに見守ってくれていた。



私は今日、やらなきゃいけないことがある。





< 215/ 246 >