ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

イケメン★ハーレム

…そういえば、生徒会に入れば、生徒会長に会える時間が増えるかな?


…でも、生徒会ってキツそうだしな~。
と、う~んと悩んでいた。


「生徒会なら、俺入ってるけど?」


と、恋。
…あれ?ほんとに?


「うん、今生徒会長人気すごいからさ。 中等部で生徒会役員やってた人しか入れないんだよ」


「恋、生徒会なんか入ってたんだ」


「うん。 足利さんが引退したあと、俺が生徒会長やってたの」


へえ~。知らなかった…。


「てか、足利さんって誰?」


「へ? 生徒会長の名前だよ!」


生徒会長、としか覚えてなかった。
また恋にあきれ顔で見られる。


「ちょっと手伝いに来る?」


「いいの?」


「うん、今ちょうど人手ほしかったとこだし」


ちょっと手伝うだけなら、入らなくてもよさそうだから良かった!


さっそく今日の放課後、恋と一緒に生徒会室に向かう。
生徒会室のドアを開けると、そこには生徒会長の姿があった。



「足利さん。 こいつが前話してた俺の双子の妹の愛です。 しばらく生徒会の仕事を手伝ってもらってもいいですよね?」


「ああ、助かるよ」


生徒会長はニコリと笑った。


あ~…癒される。
やっぱ生徒会長は私のオアシスだわ!

< 21/ 117 >