ケータイ小説 野いちご

氷点下できみを焦がしたい




あの帰り道、月の綺麗な夜。


理事長のお父さんからしたら、優等生じゃなきゃ意味がないって言った永遠くん。


彼の影をすこしだけ知って、消えてしまいそうな気がして、そんなことないって知ってほしくて。


……そこまで、バレてたんだ。


だって、あまりにも悲しいこと言うから。
消えてしまいそうだったから。


キラキラ光る花火を、2人並んで見つめて。


永遠くんはそれ以上何も言わなくて、私も黙って空を見た。



あの花火みたいに私の気持ちも溢れて、はじけて、きみに伝わってしまいそうだ。




< 111/ 246 >